ピンタレストを活用しよう

ピンタレストの1ヶ月あたりの表示回数が下がった時にやった対策

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【ピンタレストクリエーター】 元学芸員、現ピンタレスト活用専門家の私が、あなたの事業をまるでひとつの美術館の展示ような切り口で構成します。人が訪れる人気の美術展には秘密があるのをご存知ですか?日本一詳しいピンタレストの活用情報であなたの強みを活かしましょう。
詳しいプロフィールはこちら

ピンタレスト情報をお届けするピンタレスト活用専門家の茜です。

ピンタレストを始めたら、たくさんの人にみてもらいたいと思いますよね!

この記事ではピンタレストの表示回数が伸びないという悩みのある人にむけて解説しています。

茜のピンタレストの表示回数の変遷

私はピンタレストを2019年の11月にスタートしました。

スタートして3ヶ月で月間閲覧者数が10万人を超えました。

ピンタレストに投稿すれば、毎日どんどん閲覧者数が増えていったのです。

ところが…。

なぜか、3ヶ月を経過したところで毎日ピンを投稿しても、どんどん月間閲覧者数が減っていったのです。

ピンタレスト月間閲覧数

毎日ピンタレストの投稿をしているのにもかかわらず、4万も月間閲覧者数が減りました。

しかしながら、ピンタレストの投稿のやり方を立て直し、再びまた月間閲覧者数10万人に返り咲き、現在は、11万人に達しました。

2021年1月21日にピンタレストのアナリティクスの指標が変更になり、

月間閲覧数→1ヶ月あたりの表示回数

となり、プロフィール下の名称が変わっています。

*月間閲覧数は「30日間にあなたのピンを閲覧した合計人数、
プロフィールに訪れた人の数」で、アナリティクスの中の

長期的なパフォーマンス(▼印)→月間合計オーディエンス数

をみると数値がわかります。

今度の1ヶ月あたりの表示回数とは?

「アナリティクスには、保存したピンのうち認証済みのアカウントにリンクされていないピンのデータは含まれなくなりました」とありますので、より詳しくデータを見れることになったということや、今まではオーディエンス数のみだったのに、表示回数と変更され、その分のデータが表示されるようになったためです。

表示回数が下がってきたときに見直すべきポイントがあります。

基本は毎日Pinterestに投稿する

ピンタレストの検索エンジンは新しいピン(フレッシュピン)を好む傾向があります。

毎日規則正しい数をピンすることが大切です。

1週間まとめて1日に大量にピンすると、閲覧者数は伸びません。

また、一度に大量のピン投稿は、違法行為とみなされることもありますので、ご注意ください。

ピンタレストは、毎日コツコツとピンを投稿してくれるユーザーのピンを検索エンジンが、積極的に取り上げてくれるすばらしいシステムです。

真面目な人が報われるのがピンタレストの良さ!

茜クリエーター

そんなピンタレストは、ピン投稿をさぼるとすぐに、月間閲覧者数(現在は1ヶ月あたりの表示回数)は下がります…

ピンタレストの月間閲覧者数現在は1ヶ月あたりの表示回数)が下がってきたら、まず疑うことはピンを毎日投稿しているかどうかです。

#(ハッシュタグ)要注意!

ピンタレストの勉強会では#(ハッシュタグ)はあまり意味がないとのことでした。

しかしながら、ピンタレスト公認スケジューラーのTailwindでは#を推奨しています。

私も自分のピンで試してみたところ、#は有効であると感じましたので、私のピンには#をつけています。

毎日ピンを投稿しているにもかかわらず、月間閲覧者現在は1ヶ月あたりの表示回数)が下がっている場合は、#を見直してください。

ハッシュタグが全角だとハッシュタグの効果がありません。

茜クリエーター

ハッシュタグが半角でないと、検索エンジンにひっかかりません!

コンテンツの高いピン

ピンタレストは、コンテンツの高いピンを優先してくれます。

同じURLでも画像が違うピンを作成することです。

下記のように、1つのURLに対して2種類作って、どちらがよりよく拡散されるかを試してみました。

インフォグラフィックピン

通常のピン

閲覧者数と保存が高いのは、インフォグラフィックピン(情報を視覚的に表したもので、通常サイズよりも長め)で、クリックは通常ピンの方が高いです。

インフォグラフィックのピンは、画像を保存するだけでクリックしなくても、情報が得られるからクリックが少ないのかもしれません。

その点、通常ピンはクリックしないと内容がわからないので、クリックされやすいのです。

下記のピンを使い分けることも大切です。

・閲覧者、保存を伸ばしたいときは、インフォグラフィックピン
・クリックされたい場合は、通常ピン

※インフォグラフィックピンについては、保存されやすいPinterestインフォグラフィックピンの作り方|Canvaから簡単に作る方法 をごらんくださいませ。

同じ記事のピンを2種類作る場合に気をつけるべきことは、

  • 同じ画像+ディスクリプションだけ変えて、1ピンとして投稿することはNG
  • リンク先の記事と全く違う内容の画像とタイトルのピンはNG

です。

URLは同じでも、画像やディスクリプションはそれぞれ違うものにしましょう。

知らずに、やっていたら即座にやめましょう。

茜クリエーター

シーズナリティは大丈夫?

これは、SEO対策と同じ考え方だと思うのですが、どうしたってクリスマスシーズンにはクリスマスの画像が見られます。

そんなときに夏休みをテーマにした画像のピンをアップしても、閲覧者数は増えないのです。

2019年11月20日に東京のピンタレストの勉強会に参加したときも、シーズナリティは大切だといわれました。

2020年3月27日には、コロナで緊急事態宣言もあり、

「在宅勤務」「ストレス解消」「買い置きレシピ」「おうちエクササイズ」「子供と楽しむアクティビティ」「前向きになれる言葉」

が、キーワードとしてあがっていますので、この関係の画像は閲覧者数(現在は1ヶ月あたりの表示回数)があがりました。

このキーワードはピンタレストからあなたの登録したメールアドレスに、お知らせとして入りますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

茜クリエーター

違反行為していない?

とにかく極端なことをしなければ、違法行為にはなりません。

極端に閲覧者数(現在は1ヶ月あたりの表示回数)が減っている時は、こんなことにも気をつけてみましょう。

フォローをしたり、解除することを頻繁にする

→これも一気にやらずに少しづつやれば大丈夫です。

一度にたくさんのピンを削除する

→自分のボードから、いらないピンを削除するときは少しづつやりましょう。

tailwind予約システムが発表した良いピンについて

今まで私がご紹介してきた改善案は、ピンタレストを予約できるシステムtailwindから発表されているFAQをもとにしたものです。

ピンタレストの閲覧数(現在は1ヶ月あたりの表示回数)が下がり始めたら、なにかしらやってはいけないことをやってしまっているかもしれません。

▼そんなときは、ぜひ、こちらから確認してみてくださいね。

茜の閲覧者数(現在は1ヶ月あたりの表示回数)が下がった失敗

私の月間閲覧者現在は1ヶ月あたりの表示回数)が下がった理由は、下記の3点でした。

シーズナリティピンがなくなってきた

#を半角にしていなかった

ピンタレスト画像に載せる情報量が多かった

これらを改善したら、ひと月で元の月間閲覧者数(現在は1ヶ月あたりの表示回数)に戻りました。

茜クリエーター

まとめ

Pinterestに成功している人は、

1日に15〜25ピン投稿する

コンテンツが高い

伝えたいことを画像で伝えられている

ピンタレストを活用したい人におすすめです。

元学芸員、現ピンタレスト活用専門家の私が、あなたの事業をまるでひとつの美術館の展示ような切り口で構成します。

人が訪れる人気の美術展には秘密があるのをご存知ですか?

日本一詳しいピンタレストの活用情報であなたの強みを活かしましょう。

ご自身のサービスに合わせて、

  • 的確な色
  • ターゲットに合わせた画像
  • クリックされやすいワード

などをアドバイスします。

ピンタレストを活用し、ビジネスの集客に役立てましょう。

元美術館学芸員だった茜のピンタレスト画像づくりのポイントをまとめました。

【今すぐ読める無料Ebook】

広告費を一切使わずピンタレストを活用して

集客した画像づくり!

是非あなたのサービスにお役立てください。

 

SEO対策をがんばってやっても、検索アップデートに右往左往されていませんか?

ピンタレスト画像を活用するだけで、集客につながる方法やアイデアをお伝えしていきます。

もうSNSのいいね!まわりしなくても大丈夫。

詳しくは、E-bookへ。

この記事を書いている人 - WRITER -
【ピンタレストクリエーター】 元学芸員、現ピンタレスト活用専門家の私が、あなたの事業をまるでひとつの美術館の展示ような切り口で構成します。人が訪れる人気の美術展には秘密があるのをご存知ですか?日本一詳しいピンタレストの活用情報であなたの強みを活かしましょう。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Pinterest使い方 , 2022 All Rights Reserved.