ブログに集客できる画像デザインつくりの部屋

画像のウソ、あり?なし?画像クリエーターはこう考える

WRITER
 
画像のウソありなし
この記事を書いている人 - WRITER -
思わずクリックしたくなる画像クリエーターの風茜です。SNSでいいね!まわりしなくても、ブログに集客できる画像作りのアイデアやデザインの作り方をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

画像クリエーターの茜です。

私は画像を加工して、

  • ブログのアイキャッチ
  • インスタグラム
  • ピンタレスト
  • YouTubeのサムネイル

に使用しています。

そのまま写真を使う場合もありますが、色を調整したり、加工することもありますが、これは画像のウソになるんでしょうか?

写真は著作権が守られているものは勝手に加工してはいけませんが、無料サイトにある写真は、切り抜いて使用されたり、色を変えて使われたりしていますよね。

これって画像のウソにならないのかな?

画像のウソ、あり?なし?について画像クリエーターの私の考えをお伝えしていきたいと思います。

茜画像研究所の茜クリエーターです。
デザインの知識がなくても、できる画像の作り方やアイデアをお伝えしていきます。

茜クリエーター

結論:画像利用は許されるものと許されないものがある

よく皆さんが利用される無料写真サイトは、ダウンロード可能、著作権表記不要、商用利用可能のフリー画像・写真素材サービスです。

利用規約をよく読むと、

  • 頒布の禁止
  • 再配布の禁止
  • 販売の禁止
  • 商標、商号の使用禁止
  • 加工なしでの販売の禁止
  • 公序良俗に反する写真素材の使用の禁止

などが禁止されている場合もありますので、フリー画像・写真素材を利用する場合は、必ず配布元のサイトでライセンスを確認してから使用する必要があります。

私はCanvaの写真を利用していますが、有料のproプランでは、認められていることは下記のとおりです。

  • Canvaで作成したデザインに当社のコンテンツを使用し、個人的または商業的に使用します。
  • 当社のコンテンツをマーケティングやSNSや商品販売に制限なく使用することができます。
  • Canvaで提供された無加工のメディアの販売・再配布・クレジットの取得は行わないでください。
  • ストックメディアを使用したデザインを商標登録することはできないため、ロゴに使用する場合はご注意ください。

出典:canva「ライセンス、著作権、Canvaの商用利用」 

それぞれの写真サイトで必ずライセンスについては確認して利用しましょう。

無料写真サイトでは加工なしで利用するのが禁止されているということになりますね。

画像のウソがよいと思う理由

画像のウソがよいと思うのは、画質を調整して明るくして美しくすることは、真実ではないけれどいいと考えます。

ボケた写真よりも美しい写真のほうがいいと思うからです。

ただし、写真の無料サイトの写真を利用するときは上記の条件をよく確認して使用しないと著作権違法になりますから注意しましょう。

インスタグラムの映える写真は写真のウソではありますが、違う芸術作品になっていますよね。

自分の撮影した写真の加工は撮影者に著作権があるのでどんな加工をしてもよいと思いますが、写っているものには肖像権がありますので注意する必要があります。

画像のウソがダメなのはなぜ?

画像のウソがダメな理由は、加工が度をこえているときです。

ヌード写真に違う人の顔を合成して作った写真は違法行為ですよね。

いちばんNGなのは、著しく加工した写真にありえない言葉をつけて拡散して、人を騙すことではないでしょうか?

私が画像づくりでウソはだめと思っていることは発信の内容とイメージがあっているかどうかです。

不安を煽るようなワード

不快になる画像

このようなものは極力使わないことを心がけています。

不安で煽ってクリックさせても、内容がガックリする内容であれば読者は2度とクリックしてくれなくなりますよね。

人を混乱させるような画像

不快にさせるような画像

このような画像のウソはだめと私は思います。

画像のウソで気をつけていること

とくに画像のウソで問題があるかも感じるのは、プロフィール写真のウソです。

自分の写真はよくみられたいと思う気持ちはわかりますが、あまりに加工しすぎると実際にお会いしても誰だかわからず驚かされるときもあります。

  • しわを伸ばす
  • 顔色を明るくする

などの加工は許されると思いますが、

  • 目を大きくしすぎたり
  • 顔を小さくしすぎて、

実際に会ってみたら別人という方も中にはいますが、これはその人にとってマイナスにしかなりません。

いくらよく見せたいからといっても、本物と違いすぎるプロフィール画像は別人でビックリさせてしまいます…

茜クリエーター

まとめ

ということで、画像のウソがあり?なし?についてお届けしました。

基本的には画像加工はありです。

気をつけなければならないのは、

  • 著作権
  • 肖像権

です。

ルールを守って行う画像加工はありだと思います。

楽しく画像をつくりましょう。

▼画像作りのワークショップを開催しています。画像作りでお悩みの方はこちらもご覧くださいね▼

私のワークショップではCanvaを使って画像を簡単に作る方法を勉強できます。ご興味がある方はぜひ覗いてみてくださいね。

LPヘッダー
文章を書くのが苦手な人でもできた!集客できるPinterestの使い方|画像ワークショップ

検索アップデートで、ブログ流入が3分の一になった私が、
画像デザインを工夫することで、
集客を取り戻した画像デザインのポイントを
無料で配布します。

akane-gazo.com_Ebook

SEO対策をがんばってやっても、検索アップデートに右往左往されていませんか?

ひとつの画像だけで、ブログへの流入を増やす画像をつくる8つの方法やアイデアを
お伝えしていきます。

もうSNSのいいね!まわりしなくても大丈夫。

詳しくは、E-bookへ。

この記事を書いている人 - WRITER -
思わずクリックしたくなる画像クリエーターの風茜です。SNSでいいね!まわりしなくても、ブログに集客できる画像作りのアイデアやデザインの作り方をサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 茜画像デザイン研究所のブログ , 2021 All Rights Reserved.