日本で一番詳しいピンタレストノウハウ

ショート動画はどれがいい?TikTok、Instagram、YouTube、Pinterest、Twitter?

 
ショート動画
この記事を書いている人 - WRITER -
【ピンタレストクリエーター】 元学芸員、現ピンタレスト活用専門家の私が、あなたの事業をまるでひとつの美術館の展示ような切り口で構成します。人が訪れる人気の美術展には秘密があるのをご存知ですか?日本一詳しいピンタレストの活用情報であなたの強みを活かしましょう。
詳しいプロフィールはこちら

ピンタレスト情報をお届けするピンタレスト活用専門家の茜です。

ショート動画やっていますか?

スマホ中心のZ世代(10代〜25歳以下で日本の人口の約15%を占める)は気軽にTikTokに自撮りを投稿することに抵抗がありません。

しかし、それ以外の世代にとってショート動画はまだまだ抵抗がありますよね。

こんな短い時間で伝えられるのか?

私も半信半疑でした。

しかし!

今やショート動画は戦国時代に突入しています。

ショート動画をやることでかなりのメリットがあることも確かです。

今回は私が実際にショート動画を投稿してみてどれがよかったかについて解説したいと思います。

茜クリエーター

ショート動画とは?

ショート動画とは縦型の短い動画のことです。

ショート動画の流れはいろいろまとめるとこんな感じです。

茜クリエーター

【ショート動画の流れ】

2016年 Twitter30秒動画から140秒へ。
24時間経つと自動的に削除される機能フリートは30秒投稿できたが、2021年8月終了。

2017年 TikTok中国以外のサービスをスタート

2020年8月 アメリカでTikTok禁止 
facebook社(現在Meta)のマーク・ザッカーバーグがInstagramの中にリールを追加。

9月 YouTubeショートスタート(2021年7月に日本で実装される)

2021年4月 Pinterestアイデアピン(最初はストーリーピンという名称)スタート。

Tiktokに始まったショート動画はいろいろなSNSのメディアも取り入れる流れになっています。どちらかといえばやらないと損するくらいの爆発的な人気となっていったことがわかります。

ショート動画といっても、2022年4月現在はメディアによって、投稿できる秒数が以下のとおり、違います。

メディア秒数
TikTok最長3分(2021年7月現在)ユーザーが最長10分の動画をアップロードできる機能を展開し始めている
instagram リール5秒・30秒・60秒・90秒(2022年6月)から選べる
※アンケートやエンゲージスタンプが使用できる。他の人のリール動画をテンプレートとして動画を作成できる(ただし3つ以上の動画で作成されるもののみ)
YouTube ショート最大60秒まで
Pinterest アイデアピン動画と画像を何枚か組み合わせることができる。一枚の動画の長さは 3〜60 秒 最大20枚まで
twitter140秒

 

では、ショート動画をやるメリットとデメリットを考えてみましょう。

ショート動画をするメリットとデメリット

2022年はTikTok利用者は世界の利用者数は10億人を超えました。国内月間アクティブユーザー数950万人の成長です。

ショート動画はエンゲージメント(ユーザーのいいね、クリックなどの反応)が高く、多くのユーザーが時間を費やし投稿するようになっています。

【メリット】
バズリやすい
リコメンドされやすい
ソーシャルメディアを使って自分のサービスを販売できる

【デメリット】
短すぎるので広告収入は見込めず

ショート動画のメリットとデメリットから、どのようにショート動画を利用していくべきなのかは次のとおりです。

ショート動画(きっかけ・認知)→長尺動画への導入(広告、物販、投げ銭、Thanks)

長尺動画と比較してショート動画はバズりが期待されるので、ショート動画をやらない手はないということです。

茜のショート動画活用方法は、以下の通りです。

  • YouTube長尺動画への導入
  • ビジネスの宣伝(CM効果)
  • 認知→公式アカウントやメルマガへの登録

茜クリエーター

実際に私もInstagramリール、YouTubeショート、Pinterestアイデアピン、TikTokに同じ内容のショート動画を投稿してみたところ…

Instagramリール YouTubeショート Pinterestアイデアピン、Twitter動画|同じ内容のショート動画を投稿1日後結果比較してみた

同じショート動画を投稿して1日後どのくらい見られ、どのようなアクションがあったのかを検証してみました。

これをすることで、自分のコンテンツをどのメディアに投稿すればいいのかがわかります。

投稿1日後結果

この検証のためにバズりやすいと言われているTikTokアカウントを立ち上げました。TikTokはフォロワーさんもなく、初投稿でいきなりインプレッションがいいのは驚きでした。

ショート動画はアップして1日ですぐにインプレションが伸び、ユーザーさんがなんらかのアクションをしてくれるというのもうれしいメリットです。

どのメディアに投稿すればいいのかを選んで投稿してもいいのですが、ひとつのショート動画を作ったら全部をメディアに投稿していろいろな効果を試してみてもいいと思います。

茜クリエーター

このショート動画はインスタグラムリールと相性が良かったみたいで、投稿後ひと月たってもいまだに拡散され続けています。他のショート動画はひと月経過しても+200〜+400程度でした。インスタグラムのリールは3.4倍になりました。

Twitterではそれほどインプレッションは伸びませんでしたが、フォロワーさんが少なくても濃い関係性のあるアカウントなのでエンゲージメント率が高かったです。投稿する価値はあるように感じました。

まとめ 自分に合うメディアにショート動画を投稿しよう

Instagramリール、YouTubeショート、 Pinterestアイデアピン、TikTokのショート動画、Twitter動画について解説しました。

ショート動画は、テレビにおけるCMのようなものです。

花王「アタック」が、2019年4月「アタックZERO」に5人(松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮)の“イケメン俳優”の起用し、4月後半のCM好感度は2164銘柄中1位となりました。

主婦の心はワシづかみされ、思わずアタックを購入してしまいませんでしたか?

私は買っちゃいましたよ^^

ショート動画もご自身のサービスを宣伝するCMのようなものととらえ、制作すると大きく活用できるはずです。

YouTubeはショート動画からリコメンドされ、本編を見る人が増えると広告収入が見込めたり、Instagramもリールから興味を持ってくれたユーザーがプロフィールリンクをクリックしてくれたり、ショップをみるから購入してもらうこともあります。

TikTokはShopifyと連携しています。

そして私の大好きな PinterestもまたShopify と Pinterest アカウントを連携できるようになる予定です。(2022年4月現在は日本はまだ連携できません)

このようなショート動画の熱い今、絶対始めるべきです!

まるで教科書のようなピンタレストの使い方についての記事をまとめました。

ピンタレスト用語辞典

元美術館学芸員だった茜のピンタレスト画像づくりのポイントをまとめました。

【今すぐ読める無料Ebook】

広告費を一切使わずピンタレストを活用して

集客した画像づくり!

是非あなたのサービスにお役立てください。

 

SEO対策をがんばってやっても、検索アップデートに右往左往されていませんか?

ピンタレスト画像を活用するだけで、集客につながる方法やアイデアをお伝えしていきます。

もうSNSのいいね!まわりしなくても大丈夫。

詳しくは、E-bookへ。

この記事を書いている人 - WRITER -
【ピンタレストクリエーター】 元学芸員、現ピンタレスト活用専門家の私が、あなたの事業をまるでひとつの美術館の展示ような切り口で構成します。人が訪れる人気の美術展には秘密があるのをご存知ですか?日本一詳しいピンタレストの活用情報であなたの強みを活かしましょう。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Pinterest情報サイト , 2022 All Rights Reserved.