ピンタレストを活用しよう

Canvaで手書きができる描画機能!マウスで簡単に写真に描き込む画像作り

 
canva描画機能
この記事を書いている人 - WRITER -
【ピンタレストクリエーター】 元学芸員、現ピンタレスト活用専門家の私が、あなたの事業をまるでひとつの美術館の展示ような切り口で構成します。人が訪れる人気の美術展には秘密があるのをご存知ですか?日本一詳しいピンタレストの活用情報であなたの強みを活かしましょう。
詳しいプロフィールはこちら

画像クリエーターの茜です。

デジタルで手書きでイラストや文字を本格的に描きたいと思った時に使うのは、液晶タブレットやiPadです。

この度、Canvaで手書きでイラストや文字を描くことができる描画機能が使えるようになりました。

2021年11月現在、パソコンとiPadのCanvaで使用できます。

今回は、便利な描画機能について解説いたします。

本当はiPadで手書イラストを描きたかった私ですが、持っていないときにはこれでもイラストを描くことができました!

茜クリエーター

Canvaで手書きができる「描画機能」とは?

「描画機能」は簡単なスケッチと描画を作成することができます。

描画、落書き、フリーハンドのスケッチを描くことができます。

パソコンではマウスを使って、

iPadではアップルペンシルを使って、

フリーハンドで描画を描くことができるんです!

ついにiPadや液晶タブレットがなくても、Canvaで手書きのイラストを描くことができるようになりました。

Canvaがあればいろいろなことができてしまうようになり、とっても便利ですよね!

茜クリエーター

Canvaで手書きができる「描画機能」を設定するやり方

*設定の方法がわかる人は次の項目に進みましょう!

早速「描画機能」を使えるように設定しましょう。

設定のやり方は以下の通りです。

まず左にある縦のメニューバーの「もっとみる」をクリックしましょう。

描画機能」を選びます。

描画機能のロゴマークををクリックすると、下に「使用する」が出てきます。

ここをクリックすると左側のメニューバーに「描画機能」のロゴマークが出てくるようになり、いつでもメニューバーに「描画機能」のロゴがでてきます。

これで設定が終わりました。

茜クリエーター

Canvaで手書きができる「描画機能」の詳細

設定ができたら早速どんな機能があるのかみていきましょう。

  • 4つのペンのマーカー
  • 色を選択

することができます。

実際に描いてみるとこんな線を描くことができます。

パソコン画面にマウスを使って描いてみたものがこちらです。

ためらいがちに描くと線がギザギザになりますが、マウスに慣れるとこんなふうに描くこともできました。

もちろん消しゴム機能もありますので、失敗したら消しゴムで消して楽々描き直すこともできました。

個人的にはなめらかな線を描くのはちょっと難しいような気がしました。

茜クリエーター

Canvaで手書きができる「描画機能」は使えるか?

ではCanvaの「描画機能」についてのメリットやデメリットをみていきたいと思います!

「描画機能」のメリット

実際に描いてみてよかったなと思ったのは、手書きの文字が描けることです。

写真画像の上にちょっとした手書き文字を描きたい時には便利でした。

SNSに画像を投稿する時に、手書き風のフォントが人気なので、本当の手書きを試してみたところ、反応がよかったので、この機能は使えました!

茜クリエーター

「描画機能」のデメリット

細かい描写が必要なイラストには、パソコンのマウスで描くフリーハンドはカクカクして丸みを出すのが難しいです。

色塗りもマウスだけでは細かな部分が塗りにくかったです。

マウス操作に長けている人は問題がなく、滑らかな線を描くことができると思いますが、不器用な私には難しかったです。

iPadを持っていればアップルペンシルで細かな部分を描くことはできますから、あえてCanvaの「描画機能」は使わない気がします。

他のお絵かきソフトが入っていると思いますのでそちらを使いますよね。

結論としてまだ手書きソフトもなく、iPadを持っていない人にはとても便利なツールだと思いますが、本格的に絵を描きたいという人には物足りないと感じました。

イラストを描くのに使わなくても、Canvaで写真画像やイラスト画像を選択して、手書き文字をその上に描くということはできそうです。

ちょっと手書きの味のある感じに画像を作りたい時には利用できますね!

茜クリエーター

▼写真にこんなふうに文字やイラストを載せると親近感がありますよね!

画像に簡単な手書きイラストを描く方法は下記のショート動画でご覧くださいね!

まとめ Canvaで手書きができる「描画機能」は画像との組み合わせ利用がおすすめ

ということで、 Canvaで手書きができる「描画機能」の導入方法や使い方、メリットやデメリットを解説しました。

今現在の「描画機能」は写真やイラストの画像との組み合わせで利用するのがおすすめです。

Canvaは本当にどんどん進化してきています。

まだこの「描画機能」も今後の改善を期待しています。

Canvaは使い方によっていろいろな可能性があるデザインツールです。

canvaのお役立ち情報

canva描画機能

元美術館学芸員だった茜のピンタレスト画像づくりのポイントをまとめました。

【今すぐ読める無料Ebook】

広告費を一切使わずピンタレストを活用して

集客した画像づくり!

是非あなたのサービスにお役立てください。

 

SEO対策をがんばってやっても、検索アップデートに右往左往されていませんか?

ピンタレスト画像を活用するだけで、集客につながる方法やアイデアをお伝えしていきます。

もうSNSのいいね!まわりしなくても大丈夫。

詳しくは、E-bookへ。

この記事を書いている人 - WRITER -
【ピンタレストクリエーター】 元学芸員、現ピンタレスト活用専門家の私が、あなたの事業をまるでひとつの美術館の展示ような切り口で構成します。人が訪れる人気の美術展には秘密があるのをご存知ですか?日本一詳しいピンタレストの活用情報であなたの強みを活かしましょう。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Pinterest使い方 , 2022 All Rights Reserved.